新型フリード ガソリン車の値引き額は?

新型フリード ガソリン車の値引き目標/燃費レポート

新型フリードが2016年9月に発売されてから、数か月が経ちました。
今回はそんな新型フリードのガソリン車について調査していきました。

 

◆もくじ
(1)新型フリード/ガソリン車の値引き目標
 1:新型フリードの値引きレポート!30万円引き?いや、40万円です!
 2:フリード/ガソリン車の見積もり方法と商談テクニック
 3:希望金額が出ない場合はどうしたらいいのか?
(2)新型フリード/ガソリン車の実燃費

 

新型フリード/ガソリン車の値引き目標

まずは目標値についてお伝えします。
雑誌やインターネットで調査したところ、平均値は「10万円」でした。
中には10万円を超えない例もあれば、大きく超える20万円という実例もありました。

 

これについてはおおよそ達成できると思います。

 

新型フリードの値引きレポート!30万円引き?いや、40万円です!

平均値は10万円なのですが、当サイト管理人は40万円を手に入れました。
その見積書がこちらです。

 

フリード値引き

 

このように、実際40万円の値引き額を達成しました。
(見積もりをしたのはガソリン車「フリード+ 1.5 G ホンダセンシング 2WD CVT」です)
これは実は「オートックワン」というサイトを利用して見積もり依頼をしただけです。

 

たったそれだけなのですが、さすがのディーラーも驚いていました。

 

フリード値引き交渉

 

----ここから----
お世話になります。ご返信ありがとうございました。
すごい値引ですね。
正直40万というのは無理です。申し訳ございません。
そのお値引なら即決した方が良いと思います。
----ここまで----

 

本当にその通りだと思います。

 

オートックワンでフリードの見積もりをする

 

オートックワンを利用しただけというのは本当なのですが、実際の利用方法もお伝えしたいと思います。

 

フリード/ガソリン車の見積もり方法と商談テクニック

@まず、オートックワン公式ホームページへ移動し、「見積もる車種を探す」をクリックします。

見積もる車種を探す

 

A次に「ホンダ」をクリックし、フリード/プラスの欄を探し、「新車見積もり(無料)」をクリックします。

新車見積もり(無料)

※利用料は商談も含めてすべて無料です。

 

B郵便番号を入力します。

郵便番号

※近くの販売店を探し出すために利用されます。

 

B-2郵便番号を入力した時に「お見積り可能な店舗が見つかりませんでした」と表示される場合があります。

お見積り可能な店舗が見つかりませんでした

この場合は、お住いの地域の中心地の郵便番号を入力していきましょう。

 

C氏名や住所を入力する。

入力項目

 

※先ほど違う郵便番号を記入した際は、住所を書き換えることができますので、こちらで市町村名を変更しましょう。

 

D見積もりを依頼をクリックします。

フリード見積もり依頼

 

オートックワンでフリードの見積もりをする

 

希望金額が出ない場合はどうしたらいいのか?

最初の見積もりで希望金額に全く届かないということもあり得ます。
実際私がそうでした。最初の見積もりでは「値引き42,946円」だったんですね。そこで、ある方法を使いました。

 

そのある方法とは「メーカーを変えて見積もり依頼をする」ということです。
メーカーとは「トヨタ」や「ニッサン」「スバル」などをメーカー名と言います。
これを変えて「どのような車種でもいいので」まずは見積もり依頼をしましょう。

 

そうすると、値引き額が大きいお店に当たります。
あとはそこに「フリードの見積もり依頼」をすることで上記見積もりを手に入れることができます。

 

このように工夫して使っていきましょう。

 

新型フリード/ガソリン車の実燃費

次は実燃費の報告です。
フリード/プラスにはガソリン車とハイブリッド車があります。
ここでは比較のために両方の実燃費を記載します。

 

車種 カタログ値 実燃費
新型フリード/プラス ガソリン車 20.0km/L 14.0km/L
新型フリード/プラス ハイブリッド車 27.0km/L 18.9km/L

このようになっています。
実際の所、この燃費の違いで走ると、毎月1,000km、年間12,000km走るとして年間24,000円の差が生まれます。
ハイブリッドだからこそのエコカー減税も踏まえると、15年間は乗らないと、ガソリン車の維持費に追いつきません。

 

この観点から言っても、新型フリードでは「ガソリン車」をおすすめします。
燃費のいいハイブリッドに乗るはずが、最終的には損をしていたでは意味がありませんね。

 

ということで、実際の値引き目標や実燃費について報告してきました。
何より大きいのは「値引き40万円」だと思います。

 

10年乗るとしたら、毎年4万円が浮くわけですから、車検時にかかる重量税や自賠責がこれでまかなえますね。
ぜひ交渉を有利に進めてください!

 

オートックワンでフリードの見積もりをする