フリードプラス 値引きレポート

フリードプラスの値引きレポート

今回はフリードプラスの値引きレポートを紹介します。
こちらは親戚の商談に付き合ってのことでしたので、写真は撮影できませんでしたが、フリードプラスの値引き30万円いきましたので、その方法をこちらでお伝えします。

 

まさかのフリードプラス30万円の軌跡

親戚は今まで「オデッセイ」に乗っていました。
しかし、子どもも大きくなり、そこまで大きなサイズの車はいらないということになり。

 

それでも、息子たちの子どもを送り迎えするときに、乗り降りしやすいような車ということで、最低限の大きさを確保しようとしたところ、フリードがいいのではないか、ということで商談をすることになりました。

 

基本的に行ったことはトップページ「フリード値引きのコツ」で現役営業マンとお伝えしたことと同じです。

 

今回はそれをさらに具体的にしてお伝えしようと思います。

 

フリードプラス初回値引きは4万円

実は私がついていく前に、すでに1回目の商談は終わっていました。
その値引き額は4万円。

 

いやいや、やっぱりこれくらいですよね、最初は。

 

しかし、まだシエンタの商談はしていないということでしたので、シエンタの商談へ行かないか?という話をしたところ問題が発生しました。

 

親戚は完全なるホンダ派で、他の会社には行きたくない、とのこと。

 

まぁ、その気持ちは分からないでもないです。

 

そこで使おうと思ったのは、以前、「フリードプラスの値引き!3月はどうなる?」でお伝えしたオートックワンを利用した方法です。

 

 

オートックワンでフリードプラスが40万円引き

お伝えした通り、オートックワンでフリードプラスを見積もりしてもらっています。
そして、その値引きが40万円でした。

 

これはかなりの方がびっくりされると思いますので、また前回とは違う画像を掲載します。

 

フリードプラス値引き

 

これ、本当に40万円なんですね。

 

ですのでこれを今回は使用することにしました。
(使用方法もありますので、それはこの記事の一番最後にお見せします)

 

フリードプラスの値引きレポート 2回目の商談編

そして2回目の商談。
ここで私もついていきましたが(身内として)、もう決めようと思っていました。

 

なぜなら、
「以前も買ったことが3回あるディーラーで信頼は築けていること」
があったからです。

 

初めてのディーラーでは、なかなかこれが難しく、商談も長引きますが、この信頼という土台は強いです。
なぜなら、ディーラーにしてみれば「また」買ってくれるからです。

 

つまり、その次も「また」買ってくれるかもしれないですし、大きくなった子どももいるので、その子どもも買ってくれるかもしれない。

 

ということはディーラーにとってはメリットありますよね。

 

しかし、そのこと関係なく、私はつっこんでいきました

 

「50万円値引きは厳しいですかね?(笑)」
と突然切り込むという暴挙に(笑)

 

H社営業マン
「ごごご、ごじゅうまんですか(笑)」

 

笑ってました。

 

「いや、50万円いけるかなと思って(笑)」

 

って返しましたが、営業マン泣かせですねってまた笑われちゃいました。

 

それから真面目な顔つきで、
「いやね、他の会社で40万円値引きができたんですよ。それで、なんとかその半分、20万円くらいなら頑張ってもらえないかと思いまして。。。これが商談の証拠です。」

 

H社営業マン:
「4万円・・・じゃなくて本当に40万円ですね。4万円って書いてある冗談かと思ったんですけど(笑)これは・・・まじすか?」

 

私:
「いや、フリードプラスが渋いことは知っているんで、20万円でとりあえずいいんです」

 

H社営業マン:
「うーん、ちょっと待っててくださいね」

 

私:
「あ、待ってください、でもほんとによくしてもらってるんで、25万円でもいいです(笑)」

 

H社営業マン:
「分かりました(笑)」

 

ということで奥へ。

 

そしてなんと!
H社営業マン:
「大きい声出さないでくださいね。特別ですよ。25万円OKです」

 

そして、あとやることは4つ。
@車庫証明や納車費用のカット
Aフロアマットなどのオプションは市販品に変えて、間接的に値引き
B買取商談を行い、下取りと競合
Cガソリン満タン
これらをして30万円以上実質値引きできたと思います。

 

このフリードプラス値引きレポートのミソはオートックワン

かなりすんなり大きな値引きがゲットできたわけですが、これはすべてオートックワンがあったからこそこの値引きレポートが成立しています。

 

実はオートックワンは電話はかかってきませんが、「業者を選択すること」が「できません」。

 

ここが難問です。

 

ですので私がやった方法は、

とにかくどんな車でもいいから見積もり

をしました。

 

これをするとどうなるかというと、

値引きが大きい、ディーラーではない店舗に当たる

ということが起こります。

 

ですので、オートックワンで複数社見積もりするときには、

メーカーを変えて見積もりをするのが最短の道

ということです。

 

そして

メーカーでは「ない」、新車販売をしている値引きが大きい店に、フリードプラスの見積もりをとります

 

そうすると、私のようにとんでもない見積書が手に入ります。

 

これはかなりやってみる価値があります。

 

まったく「無料」で、「電話が一切なく」、とんでもない見積書を手に入れられる場所。
それがオートックワンです。

 

上記に書いた4つのポイントを活かして、ぜひあなたもフリードプラスの大きな値引きを手に入れてくださいね。

 

それでは、フリードプラスの値引きレポートについてでした。

 

>>オートックワンで今すぐ見積もりをとりましょう